グルコサミンとは

グルコサミンとは

グルコサミンとは、ちょっとむずかしく言うと、
グルコースという成分の一部がアミノ基に置き換わった「アミノ糖」の一種ですが、
要は、今、話題となっている軟骨成分のひとつ。
軟骨はなにからできているか、というとこんな成分からできています。

 

●グルコサミン
●コラーゲン
●プロテオグリカン

 

この他にも水分とか軟骨細胞がありますが、特徴的な成分といえばこんな感じでしょう。
ここで出てくる「プテオグリカン」というのは、さらに

 

●コンドロイチン
●ヒアルロン酸
●タンパク質

 

からなっています。

 

そして、軟骨を鉄筋コンクリートにたとえれば

 

●コラーゲン=鉄骨
●コンドロイチン=鉄筋
●グルコサミン=セメント

 

という感じです。


グルコサミンはなににたくさん含まれている?

グルコサミンがたくさん含まれている食べ物?

 

これはなんといってカニやエビになります。
こういった甲殻類の殻を作るキチン質を形成する主要成分としてグルコサミンがあるからです。

 

また、食品としてだけではなく、栄養補助食品・サプリメントとして摂るのも効果的です。


グルコサミンとは関連ページ

グルコサミン&コンドロイチン
グルコサミン&コンドロイチンは膝などの関節が不安な人には気になる成分です。そのグルコサミンの特徴や期待される効果などの基礎知識。